2011年10月10日

観劇:ナクソス島のアリアドネ

DSC03560s.jpg バイエルン国立歌劇場の日本公演、R.シュトラウス作曲の「ナクソス島のアリアドネ」を観てきた。アンプを通さないナマ歌で会場全体に響く声質と声量は流石である。
 演技はドイツ語で行われて舞台両袖に字幕が出る。"Ach so!"以外のドイツ語はさっぱり分からないので字幕に助けられる。が、両袖のこれを追いつつ中央の演技を観るのが想像以上に大変だった。
 オペラ続きで来週は「トスカ」を観賞する予定。
posted by nmura at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | メモ
この記事へのコメント
字幕を見ながらは末席が良いです。視界に字幕が入る感じ?
あっちこっち見てたら、くたびれる(笑)
Posted by あつお at 2011年10月13日 19:11
あつおさん>
それが、視野に舞台と字幕が入ってもそんなにうまく行かないですよ。子供の頃に初めて字幕映画をみたような感じでとにかく疲れました(笑)
Posted by えぬむら at 2011年10月13日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48421385

この記事へのトラックバック

R.シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」op.60
Excerpt: <バイエルン国立歌劇場2011日本公演> 2011年10月10日(月)15:00/東京文化会館 指揮/ケント・ナガノ バイエルン・シュターツオーケストラ 演出/ロバート・カーセン 美術/ペーター・..
Weblog: オペラの夜
Tracked: 2012-03-20 13:04