2009年08月22日

VFR800へのFTM-10S装着完了

R0014729s.jpg 無線通信はまだしてないが、取り敢えずFTM-10Sの装着が完了し、FMラジオが入る事を確認した。AMラジオ帯は手持ちのアンテナでは利得が得られないので受からなかった。FM/AMラジオ対応のアンテナを買わなきゃ!で、早く無線交信を試したい!!

R0014732s.jpg フロントパネルは予定通り写真のように、GPSナビ用の純正アタッチメントMMB-M11 ハンドルバー用 マルチアングルブラッケットオプションを利用して取り付けてある。

R0014745s.jpg シート下はこんな感じ。これもほぼ当初の予定通りで、狭いスペースにうまく入った。これもバイク専用設計のおかげである。迫害されがちなバイクに光を当ててくれてありがとうございます! > STANDARD社。
 現在の作業進捗度は90%。残りの作業は、インカム機能(パッセンジャーとの会話)を活かすためにオプションのCT-M11コネクションケーブルをもう一本調達して、KTEL接続に加工すること。



R0014633s.jpg ちなみに、先日制作したニュートラル連動ヘッドライトスイッチは、こんな風に左アッパーカウル内のABSユニット(?)の上にホットボンドで固定した。今日のVFR引き上げの帰りに陽が落ちたので、その効果をはっきり確かめる事ができた。自己満足。
 しかし次なる構想が…。ヘッドライト消灯時はポジションランプが文字通り役立ちそうだが少し非力である。VFR800はHIビームのバルブが別体なので、これをPWMデューティー比20%くらいで制御してポジジョンランプの代わりとしたいなぁ…。
posted by nmura at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク
この記事へのコメント
おめでとうございま〜す♪

次回お会いしたとき、通信テストしましょう!
ちなみに私の場合は無線機をFT-728→FTM-10Sに交換しても、高速走行中に何言っているかわからない・・・と言われてちょっとショック!

今日、詳しく調べたら、マイクが拾う音が一定以上大きくなると、波形がものすごく歪む事実が発覚!
こりゃどうしようもない!
Posted by たーさま@ライダーの装備たち at 2009年08月22日 23:05
たーさまさま>
交信テスト、いつならOKですかー??(笑)
それまでにマイクを直しておいて下さいネ。KTELのマイクはいいですよ(回し者ではありません)。
Posted by えぬむら at 2009年08月22日 23:13
田原です。バルブのPWM制御は大丈夫でしょうか?
なんだかバルブに悪影響を及ぼしそうで怖いのですが、どうなんでしょう?
以前に似たような案件があったときはLEDに差し替えました。LEDの高輝度型に差し替えて使いました。ちなみに水圧110MPa(10,000m)でPWM制御しましたが..
Posted by jxtahara at 2009年08月23日 09:14
田原さん>
VFRのHIビームはH.I.D.とは別体のバルブです。LOビーム2灯、HIビーム2灯の合計4灯も付いてます。
HIビームはH.I.D.化していませんのでハロゲンバルブ(H7形状)のままです。これならPWM制御しても大丈夫だと考えているのですが、良くないでしょうか?まぁ、2灯ありますので、実験レベルで1灯切れても大丈夫といえば大丈夫です(笑)。
LEDなら確かに大丈夫そうですネ。H7形状のものも売っているんですネ。

それにしても深海1万メートルですか。VFRで海底山脈とか走ってみたいです(笑)。
Posted by えぬむら at 2009年08月23日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31513217

この記事へのトラックバック