2009年08月09日

CT-M11コネクションケーブルをPTTスイッチ分岐+KTEL接続にする

VFR800_CT-M11.jpg 図中の点線矩形で示した赤色のケーブルを作成する。これはFTM-10SKTELのヘルメットヘッドセットを接続して無線通信運用を行えるようにするためのケーブルである。ただし、単に別売りオプションのCT-M11コネクションケーブルをKTEL接続にするだけではダメで、ここからPTTラインを出しておかなければマイクからの音声を電波に載せてくれないのである。ということで、工作、工作。

R0014637s.jpg 別売りオプションのCT-M11コネクションケーブルの説明書によると、PTTスイッチを機能させるためには、写真のようにSW1 Pin4(緑)とSW2 Pin5(青)⇔GND Pin6(赤)の間にそれぞれ390kΩの抵抗器を入れなければならない。今回、PTTスイッチにはKT029を使うので、コネクタはRCA端子となる。390kΩの抵抗器はPTTスイッチとのコネクタであるこのRCA端子の中に埋め込んでしまおう。

R0014428s.jpg これが別売りオプションのCT-M11コネクションケーブル。白の結束線を巻いた所はPTTライン分岐点とKTEL接続コネクタ設置点とする部分である。VFR800への現物当てで決めておいた。



■まずはPTTライン側の処理

R0014435s.jpg まず、カッターを使用して分岐点の外皮を剥く。中の芯線を傷つけないように注意深く作業する。
 次に、SW1(緑)・SW2(青)の線を選び出して外皮から外してしまう。KTEL接続コネクタ側ではこれらの線は利用しないので、これで良い。


R0014440s.jpg GND(赤)はSW1(緑)・SW2(青)と異なり、KTEL接続コネクタ側でも使用するので、この線は三又にしてPTTスイッチのコネクタ側にも持って行かなければならない。したがって、ハンダ付けをするために先ほどと同様に外皮を注意深く剥く。
 次にハンダ付けをして三又にする。

R0014446s.jpg 先ほどのGND(赤)とSW1(緑)、SW2(青)、それと補強のためのダミー線の計4本を熱収縮チューブでまとめておく。
 これで取り敢えず分岐は出来た。あとはそれぞれの先端にコネクタを付ける作業。

R0014450s.jpg PTTライン側には、PTTスイッチを機能させるために390kΩの抵抗器が二つ必要である。RCA端子を利用するのでこの中に抵抗器を封入してしまおう!
 GND(赤)とSW1(緑)、SW2(青)を端子にハンダ付けし、確認のため抵抗値を測る。394kΩと390kΩであった。問題ない。

R0014464s.jpg 水密と絶縁のため、お気に入りのホットボンドを使用して空間を埋めてしまう。
 後はカバーをして出来上がり。なかなかキレイにできた。



■次にKTEL接続側の処理

DIN5P_KTEL_FTM10S.jpg KTELのコネクタはDIN 5極コネクタで、ピン番号と機能は以下の通りである。左がKTEL、右がCT-M11である。DINのピン番号はトリッキーなので、ピン番号とこれらの機能を図示したのが左の図である。
   KTEL       CT-M11
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1ピン:スピーカGND ⇔ 【赤】GND
2ピン:マイクGND ⇔ 【赤】GND
3ピン:右スピーカ入力 ⇔ 【黒】右スピーカ出力
4ピン:左スピーカ入力 ⇔ 【茶】左スピーカ出力
5ピン:マイク+ ⇔ 【橙】マイク入力

R0014467s.jpg 表に従ってDIN 5極のメスコネクタにCT-M11をハンダ付けする。なお、灰色の5Vだけは使用しない。
 最後にPTTラインの時と同様に水密と絶縁の目的でホットボンドで固めておく。

R0014477s.jpg 念のためテスタで導通を確認して完了。

 なかなかキレイに出来ました!

posted by nmura at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク
この記事へのコメント
こんばんは。
作業順調そうですね〜。結果が楽しみです!
Posted by たーさま@ライダーの装備たち at 2009年08月17日 19:52
たーさまさま>
PTTはFTM-10S実機で機能しました。問題なさそうです。
Posted by えぬむら at 2009年08月18日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31332248

この記事へのトラックバック