2009年07月13日

FTM-10S購入

R0014086s.jpg STANDARD社製のバイク用アマチュア無線機兼タンデムアンプのFTM-10Sをついに購入した。アマチュア無線機メーカーの老舗であるSTANDARDがバイク用に作った完全防水の無線機、気にならないわけがない。同じ思いを抱いていたVFR仲間のたーさまと示し合わせて、ついに購入と相成った。ばんざーい!

R0013559s.jpg 最近、タンデムアンプの調子がすこぶる悪い。さらにトンネルクラブの前回のツーリングでVFR/RVF系3台で無線通信を試したのであるが、タンデムアンプから無線機への出力が大きすぎるのか音声が割れ気味だったそうである。さらに写真のように配線が煩雑でもある。たーさまも配線やらノイズ対策やらに苦戦しているようだった。


 そんな我々を余所に一人涼しく通信するpryce16さん。なにーっ!

 そう、大人の余裕を見せたその装置こそ今回のFTM-10Sだったのである!

 このFTM-10S、本来の機能であるアマチュア無線はもちろんのこと、タンデムアンプ(インカム)の機能も内蔵していて、さらにアナログ音声入力・出力も可能(つまり携帯音楽プレーヤーを繋いで音楽も楽しめる)なのである。バイク用だからもちろん完全防水。とかくバイクは軽んじられがちであるが、一流メーカーがちゃんと専用品として作ってくれるなんて、なんとスバラシイことでしょう!

R0014093s.jpg もちろんアマチュア無線の心も忘れてはいない。写真は
FTM-10Sにオプション販売のCT-M11接続コードを取り付けたところである。このように自分で配線の工作をして、KTELへのラインやPTTスイッチへのラインを出して加工しなければならないのである。しかもPTTを動作させるためには、手前に390kΩの抵抗を咬ませなければならない。工作心がくすぐられるというものである。


 早く取り付けて運用させたい。楽しみである。


R0014076s.jpg というわけで、FTM-10Sの先輩、pryce16さんにコツを教えて会を同志たーさまと開催。
 それにしても、ネクタイの紳士はいったい誰なんだ!?街で会うと誰だか分からん!

R0014073s.jpg 場所は京都鉄板焼き 丹波亭。お好み焼き三昧、ごちそうさまー。
posted by nmura at 23:59| Comment(4) | TrackBack(1) | バイク
この記事へのコメント
おっ そこ行きましたね!

いいですねぇ
私も付ける場所があれば・・・
Posted by うっちぃです。 at 2009年07月14日 20:51
うっちぃです。さん>
はい、無線にタンデムアンプに音楽の入力も出来てラジオも聴ける、しかも防水!なんとスバラシイ!ずっと気になっていたのですが、ついに手を出してしまいました。
アマチュア無線機なのでいろいろやることがありそうで、取り付けも楽しそうですよ。しかし何処に付けるんだ?>VFR800
Posted by えぬむら at 2009年07月15日 21:49
こんにちは。誰だかわからない者です。
いろいろ検討していますが、私は設置場所の土台を作らなければダメそうです・・・・。
運用は当分先ですね。
---
あっ、私の日記へのトラックバックですが「トラックバック先の記事(この記事)の中に、私の日記への言及がされていることを確認するために、URLが掛かれていないとはじかれる」ようですよ。仕様みたいなので解除できませんでした。
Posted by たーさま@ライダーの装備たち at 2009年07月18日 06:27
たーさまさま>
僕も「何処に付けるの?」状態です。気長にやりましょー!
あっ、とっとと付けて自慢するというメリットもありますネ(笑)。
Posted by えぬむら at 2009年07月18日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30526517

この記事へのトラックバック

[トンネルクラブ][ヘッドセット]バイク車載用無線機の購入
Excerpt: 今日は、仕事帰りに秋葉原に行って、アマチュア無線機を買ってきました。既に無線機を持っているのになぜ・・・・と思われますが、今回購入のこの無線機、とっても魅力的なのです。 そして、私のほかにも普段一緒..
Weblog: VFRでツーリング! たーさまの日記
Tracked: 2009-07-18 06:20